先日、渋谷に Alexa居酒屋が出来たらしい

NEWS PICKS の記事はこちら

まだ実験中とのこと

でも、実際に今すぐ使えるレベルのものがあれば?

と思ったので、早速、うちの会社でも、注文スキルを作ってみた


出来上がったのは、「オーダー名人」

実際に注文した際の様子

社内に外食部門が無いので、メニューは、取り合えず、開発チームのオリジナルで

enter image description here

飲み物に限らず、料理でも何でも注文できる


何も知らない方が、挑戦しやすい

まず、注文時のストレスフリーを目指すためには、やはり、発話内容の認識率を100%に近づける必要があったので、

最初の設計では、Alexa の耳から受け取った文字列を、裏(サーバー側)で単語や文字単位にばらして、

メニューの音とマッチングした件数や信頼度の重みなどを解析し、脳内のニューロンのような仕組みを作ろうとした

ダミーのインテントスロットを一つのみ登録すれば、ユーザーの発話内容は全て受け取れる

取り合えず、シミュレーターで試し、

イケる、と思った

Alexa の基本の認識率を知るまでは

enter image description here


Alexa は頑張り屋さん

スロットに発話候補が登録されていなければ、渡される文字列は、誤変換漢字のオンパレード

今のところ、お世辞にも、よくできたとは言えないレベル(?)

“Alexa 、そこまで頑張らなくて良いよ、ひらがなを、そのまま渡してくれないか” と心の声

誰にも届かず

アマゾンの開発サポートチームにも問い合わせてみたが、翌日、

Alexa の音声認識は自然言語処理(NLP)によるものなので、漢字変換は止められないとの回答が届く

ひらがなが欲しければ、サーバー側で漢字から逆変換するしかないとのこと

AI か何かのライブラリーで逆変換を頑張ってみようかと思ったが、今後、Alexa の認識率が上がるにつれ、確実に不要となる仕様

そこで、断念

方向転換

現状では、Alexa の耳の性能が、スキルの認識率の上限を決めると言える

Alexa の聞き取り能力を、いかに1%でも高められるかが勝負

enter image description here

オーダー名人


凡人から、名人への道のり

早速、Alexa の耳を良くするために、スロットの登録に取り掛かった

スロットが増えれば、確実に、Alexa の認識率が上がる

余談だが、前回は、スロットが足りなすぎて、一度、審査に落ちたこともあるので、リジェクト対策にもなる(?)

今回、サンプルとして登録したメニューの場合でも、相当な数に

それでも、まだ、理想の数には及ばない気もするが

段々、スロット数の増加に伴う認識率の上昇が緩やかになってきたので、一旦、次のステップへ

enter image description here


「全て、いままで通り」というプレミアム

前回の計算名人の開発で得た情報によれば、Alexa の数字の認識率は、非常に高い

つまり、メニューに一つずつ番号を振っておけば、Alexa にとっては、一番、楽

恐らく、認識率も90%を超えるかと

だからと言って、既存のメニューを作りなおすのは、お店の方に負担が大きい

普段、メニューの要らない常連客なら、尚更

いつものハイボールと枝豆を頼みたいだけなのに、今さら、何番かを探し、Alexa を呼ぶのは手間

納得いかない

それで、今回、いままで通りのメニューで、いままで通りの注文ができるオーダー名人を作った次第である

今後も、注文の認識率を100%に近づけるために、改良を続けたい


最後に、Alexa 居酒屋の始め方

Echo(スマートスピーカー)と Wi-Fi さえあれば、すぐに始められる

厨房のディスプレイに注文内容を表示することも、店員さんのスマホにチャットを投げることも、

クラウド上にあるPOSレジと連携することも、できてしまう

enter image description here

以上で