Loading...

SYSTEM CONSULTING

The best partner

Systems and operations

システムと業務効率

私達のシステムコンサルティングの特徴

この段階は、大手システム開発会社であれば「最上流」とも呼ばれるフェーズです。開発・設計に着手するまえに、システムと業務間の距離をはかっていく作業といえます。既に導入しているシステムがしっくりきていない場合も、コンサルティングさせて頂きます。

システムにどんな改善を望むのかを、実務担当者から詳細にヒアリングします。その中で多いのが「社内の不満を改善するためのシステムを導入したい」「業務にミスが多いためシステムを導入したい」など、課題の分析が非常に曖昧なケースです。この場合、業務改善による解決とシステムによる解決の境界線を明確にしていく必要があります。

システムを既に導入されており現行システムの改修を求める会社様に対しても、コンサルティングは非常に有効です。業務改善をどこから始めたら良いかが明確になるからです。また、現行システムがお客様のご要望をカバーしていない場合、どんなカスタマイズや開発が必要なのかも明確になります。

Business task analysis

業務課題を分析

業務課題を分析し要件を明確化

私たちは「システム導入を検討している会社様」にも、システム企画のみにフォーカスするのではなく業務分析から着手していきます。私たちが作りたいのは本当に役に立つシステムです。それは、システム化を目指した本来の目的を叶え、業務との整合性が取れ運用に無理が無いシステムだと考えています。昨今のITテクノロジーの進歩はめざましく、新しいシステムも続々と出現しています。

お客様サイドで、何が最適なソリューションなのかを判断するのは極めて困難になってきていると思われます。結局誰も使わないようなシステムを、導入したいお客様はいません。そのような悲劇を招くことのないように、システム導入の目的をとことん明瞭化します。そうすれば、本当に搭載すべき機能が見えてきます。

システム開発の要件は、実務担当者以外の意見が不必要に盛り込まれて、「船頭多くして船山にのぼる」状態になっていることもしばしばです。この場合もコンサルティングをおこなうことで「どんな課題を解決したいのか」を洗い出していきます。

Rebuilding the system

システムの再構築

現行システムの改善提案

現行システムの稼働状況を確認させて頂くと、お客様がシステムを「使っている」というよりシステムに「使われている」場合があります。例えば十数年前に開発されてから、何度も機能が追加・改変されてきたシステムの場合です。もはや使われていない機能も多くあるうえ、実務や社内組織の変化にまったくキャッチアップできていない、取り残されたようなシステムも存在します。

場渡り的な機能の追加だけでは、業務に寄り添うには限界があります。その結果、人間の方がシステムに合わせていく「システムありき」の、効率の悪い業務を強いられる状況に陥っている場合もあります。また、システム担当者の引継ぎが不十分だったせいで、ブラックボックスと化してしまっているシステムもあります。

そのような場合も是非ご相談ください。他社による開発・導入のシステムであっても、コンサルティングを行った上で修正すべき点や修正のリスクを明確化し、最善のソリューションをご提案させて頂きます。

Company Overview

会社概要

  • Urchin&Company株式会社
  • 2015年7月設立
  • 277-0871 千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区2 ショップ&オフィス棟6階
  • 代表取締役 澤井 佑太

CONTACT

お問い合わせ