Loading...

WORK FLOW

development standardization

Steps of system development

システム開発の進め方

私達のシステム開発の特徴

私たちは単に「システムを作ること」を目的とはしていません。システムは業務遂行の手段にすぎません。お客様が求めているのは「キレイでかっこいいシステム」ではなく、業務を最大限に効率化して「成果」を得ることだからです。

私たちは、システムの企画・設計前のプロセスを大事にしています。「業務分析」と「業務改善」がそれにあたります。私達のシステム開発はまず、お客様の業務が本来どのように遂行されるべきかをお客様と一緒にデザインしていきます。次に、そのように出来なくしている障害や課題を洗い出していきます。ここまでおこなってからシステムを導入し、お客様の業務に乗せていくようにしています。

システムを企画する前に、十分な業務分析をヒアリングベースで行いますが、実はこの段階でお客様の問題を伺いながら「私たちのシステムで解決できるじゃないか!」と驚かされることが多いのです。システムのプロとして、第3者目線で業務全般を見渡すからでしょう。企画への承認を頂く際にはご希望があればプロトタイプをご用意するなど、イメージの共有のために細心の注意を払っております。私たちはこのように、システムの企画以前のプロセスを大事にしております。

Purpose of system development

システム開発の目的

業務効率を最大化するシステム開発

お客様の目的達成を阻んでいる原因には、無駄な工程や他部署との連携の悪さなど様々な内容があります。きっかけはシステムの導入検討でも、お客様がいったん業務全般を見直してみる機会を持つことは、とても発展的だと思います。お客様の通常業務を把握し、現時点でできる改善策を十分に洗い出してから、システムの構築段階に移行します。

私たちは「仕事を分かってくれるシステム会社でありたい」という願いを持っています。現場に寄り添った目線なくしては、お客様の願いを叶えるシステムは開発できないと考えているからです。

エンジニアの目線のみで作ったシステムでは、十分に業務効率化がはかれない場合もあります。いきなり「システムの要件定義」をおこなうと、上手くいかないことのほうが多いのです。

それ故に、十分な業務分析と業務改善をおこなってから、システムにどのような役割を担わせるかを定義していきます。すべての役割をシステムに求めるのではなく、システムの要件を定義する前に、できることは改善していきます。

Development process

開発工程

各工程

1.現状把握
お客様が掲げる目標とそれに対する現状の達成率を、ヒアリングベースで伺います。この時、全ての業務を洗い出す必要があります。もし把握に漏れがあれば、出戻り等が生じ納期もコストもオーバーしてしまうからです。

2.業務分析
業務フローを作成して、お客様の業務内容を可視化していきます。誰が、どこで、どのように、何のためにおこなうのかを詳細にヒアリングします。使い勝手の良いシステムを作るためには、現場の視点に立つことが必要だからです。

3.業務改善検討
業務プロセス自体が非効率的だと、システム化しても改善がはかられません。まず現場の問題点を全て洗い出し、原因を追究します。工程のスリム化や標準業務の設定といった改善計画の作成も、この段階でおこないます。

4.システム設計・構築
システムの設計に盛り込むべき要件を定義していきます。例えば、操作方法やデータの連携、更新などの機能のほか、セキュリティや顧客情報の漏えい防止など、求められる機能をすべて洗い出します。その後に設計工程に入ります。

5.業務改善実施
作成した業務改善計画に基づいて、業務改善を実施していきます。KPIという目標指標を設定して、試行錯誤を重ねても最終的には改善目標が達成できるようにします。業務改善が十分になされてこそシステム導入が成功するからです。

6.システム導入
出来上がったシステムをお客様の元へ導入し、実際に稼働させて要件通りに機能するかをチェックします。導入前もチェックは行いますが、導入後にもお客様の業務に上手く乗るか、設計通りに稼働するかなどを入念にテストします。

7.保守・運用
希望されるお客様にはシステムの保守と運用をおこないます。保守には、システム障害への対応やメンテナンスなどがあり、運用には電源の管理、データのバックアップなどが含まれます。トラブルを未然に防ぐために有効な手段です。

Company Overview

会社概要

  • Urchin&Company株式会社
  • 2015年7月設立
  • 277-0871 千葉県柏市若柴178番地4 柏の葉キャンパス148街区2 ショップ&オフィス棟6階
  • 代表取締役 澤井 佑太

CONTACT

お問い合わせ